便秘になると腹部が張って辛いですし、ダイエットをしても体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)が減りにくいです。 それに、便秘には他にもデメリットがあります。 そのデメリットとは、にきびです。 便秘になると吹き出物が出来やすくなるので、気をつけないといけません。 便秘で吹き出物ができる原因は、腸内環境(大便の状態をみることで、腸内環境を知ることができるでしょう)の悪化です。 便秘により腸内環境が悪化すると毒素が腸で発生してしまい、それが血液の中に溶け込み、体全体に届けられてしまいます。 そして、その毒素が体外に出ようとする時に、面皰ができてしまうという事なんです。 また、毒素には新陳代謝を低下させる作用もあるため、肌のターンオーバーを阻害します。 これもまた、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)で吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)ができる原因の一つです。 このように、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)と尋常性瘡には深い関係がありますから、吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)を治したいのであれば、便秘をまず改善しないといけないでしょう。 効果的に便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)を改善するために、規則正しい生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を行うことが重要ですし、食物繊維や乳酸菌を多く摂取することも大切ですー